タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 専門用語集

専門用語集

ルアーフィッシングであるタチウオジギングには、道具やテクニックなど「カタカナ」の専門用語が多数存在します。全てを完全に覚えておく必要はありませんが、当然ながら知っておくべき専門用語はあります。

このページでは、タチウオジギングに関する専門用語についてご紹介したいと思います。

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

あ行

アイスジグ
F8(8の字)アクションを演出するのに適したルアー。ロッドを軽くシャクるだけでアクションの演出が可能。足元のタチウオを狙うのに適している。ジギングラップなどともいいます。

さ行

サミング
風や潮の流れが強い時などに、勝手にリールが回ってラインが出すぎないように直接リールを指で押さえること。

ジグヘッド
ヘッド状のウエイトにフックが付いたもの。ワームなどをセットして使用する。主に、ワインド(釣法)などで使用。

ジャーク
水中のルアーにアクションをつけるために、竿を立てること。ジャークを行ったあと、リールを巻くのが基本。

シャロー
浅場(水面近く)のこと。朝・夕まずめに活性の上がったタチウオは、エサとなる小魚を追ってシャローに浮上してきます。

スナップラップ
高比重でキャスティングに特化したアイスジグ。アイスジグよりも広く探るのに適している。

た行

ダート
ルアーを左右に鋭く動かすアクションのこと。

ティップ
竿先のこと。ロッドティップなどといいます。

は行

バーブレスフック
返しのついてないフック(釣り針)のこと。刺さりやすい反面、逃げられやすい欠点も。

バイト
魚が噛み付く(アタックする)こと。

フィッシュイーター
鰯などの小魚やイカ、甲殻類などをエサとする魚。

ベイト
エサとなる小魚などのこと。

ボトム
海底のこと。ルアーを海底まで沈めることを、「ボトムを取る」などという。

ら行

リーリング
リールを巻くこと。

レンジ
魚の群れが生息する深さ。

わ行

ワインド
ルアーの一種で、ジグヘッドにワームなどをセットしたもの。ルアーを左右に軽く飛ばす、ワインドアクションで誘う「ワインド釣法」を指す場合も。

△ページトップへ戻る

人気のコンテンツ

タチウオの生態や習性
ルアーの種類と特徴
ジギングのテクニック