タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > タチウオジギングに必要な道具 > スピニングリールの特徴と選び方

スピニングリールの特徴と選び方

タチウオのルアー釣りで使用するリールには、スピニングリールとベイトリールの2種類があります。ショア(陸っぱり)からの釣りではスピニングリール、オフショア(船釣り)からの釣りでは主にベイトリールを使用します。

スピニングリールはベイトリールに比べてキャスト時に少ない抵抗でラインを出すため、軽いルアーでもキャストしやすい利点があります。さらに、高速で巻き上げルアーを速く引くことが可能なのでショアでのルアー釣りでは主流になっています。近年、大半のリールのモデルは海での使用を前提に海水に強い防錆・防水性能を高めた構造となっています。

タチウオジギングにおいては一日中「投げて巻いたり」などの動作を繰り返すので、リール単体の性能ももちろん大事ですが装着するロッドとの相性(バランス)も考慮する必要もあります。

例えば、リールをロッドにセットして地面と平行になるように構えた時にロッドの先が重たく感じるような場合はリール側が軽いのでリールをひと回り大きなものに替えるか、グリップエンドに専用のオモリを付けるなどしてバランスを取る必要があります。

ロッドを握った際に前後のバランスが取れていれば、タックル全体が軽く感じられて操作しやすく、アタリもしっかりと取りやすく持ち疲れもしないなどの大きなメリットもあります。

また、スピニングリール単体の性能でいえば、使用するラインを100~150m程度をスプールに巻き込めるか、ターゲットの重さや引きに耐えられる強度はあるか、ドラグ性能は十分であるかなどが判断基準となります。

通常、国産メーカーのミドルクラス以上のスピニングリールであればそういった機能を十分に満たしているはずです。

△ページトップへ戻る

スピニングリールの特徴と選び方についてのまとめ

*スピニングリールはロッドとの相性も大事ですが、使用するラインとの相性も考慮する必要もあります。PEラインや極細ラインラインを使用するのであれば、スプールがシャロー(浅溝)タイプのものを選ぶようにしましょう!ライントラブルの予防に繋がります。

*リールフット(リールをロッドにセットする部分)は、握った際のフィット感などに繋がる部分なので握りやすさやなども確かめておきましょう!

*リールは防錆加工などが施してあっても、毎回釣りの後水洗いなどをして塩分や砂などの汚れを落としてしっかりと水を切って陰干しするようにしましょう。可動部にリールオイルを注すなどして、メンテナンスをしっかりとすることでリールを長持ちさせることができます。

関連ページ

* ロッドの特徴と選び方

* ラインの特徴と選び方

* ルアーの特徴と選び方