タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > タチウオジギングに必要な道具 > ロッドの特徴と選び方

ロッドの特徴と選び方

タチウオジギングなどタチウオのルアー釣りをするにあたって、「シーバス用ロッド」や「エギング用のロッド」を使用するアングラーも多くいますが、可能であればタチウオ釣りに特化した「タチウオ用ロッド」を用意したいものです。専用ロッドを釣りをする場所や使用するルアーの種類などによって使い分けることで、より大きな釣果を得られる可能性が高まるからです。

例えば、専用ロッドなどには見た目だけでは判断が難しい「アクション」や「テーパー」などといった設計が施されています。

アクションとは、ロッドの「硬さ」や「強さ」を表すものでウルトラライト(UL)、ライト(L)、ミディアムライト(ML)、ミディアム(M)、ライトヘビー(LH)、ヘビー(H)などのクラス分けで表記されます。

テーパーとは、ロッドの「調子」などとも言われロッドの「曲がり方」を表すもので先端付近が曲がり易く設計されているものを「ファーストテーパー」、ロッド全体が曲がり易いものを「スローテーパー」、またその中間タイプのものを「レギュラーテーパー」などと分類されています。

冒頭でも述べたように、それぞれ使用するルアーなどに応じてロッドを使い分けることが好ましいのですが、タチウオジギング初心者であればとりあえずミディアムライト(ML)またはライト(L)でレギュラーテーパークラスのものを用意しておけばとりあえずは無難でしょう。

また、タチウオジギングやワインド釣法においては常にロッドを煽ったりシャクったりなどのロッドワーク(動作)をすることによりルアーにアクションをつけることが必要不可欠なので、ロッドの長さは7.5~9.0フィートくらいで軽くて疲れにくいロッドがお奨めです。

△ページトップへ戻る

ロッドの特徴と選び方についてのまとめ

*ブランク(ロッド本体)の素材には、主に「カーボンファイバー」と「グラスファイバー」の2つが在ります。今現在、ショア(陸っぱり)のルアーで使用されるロッドのほとんどにカーボンファイバーが使用されています。カーボンファイバーはグラスファイバーに比べて、軽くて張りがあり感度もいいといった特徴があります。また、グラスファイバーはしなやかで粘りはあるが、カーボンファイバーに比べると重く感度が低いといった特徴があります。

*アクションやテーパーなどのクラス分けはあくまでメーカー独自のもので、「統一された基準」などは存在しません。そういった理由から、対応するルアーの重量などはメーカーの発表値などを参考にするようにしましょう。

*ロッドワークを行わない「ただ巻き」メインの釣りであれば、飛距離優先で長めの9~10フィートのロッドを使用してロングキャストで広範囲を探る方が好釣果につながり易いでしょう。また、その際にはフッキングに優れたファーストテーパータイプのものがお奨めです。

関連ページ

* スピニングリールの特徴と選び方

* ラインの特徴と選び方

* ルアーの特徴と選び方