タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > タチウオジギングに必要な道具 > ルアーの特徴と選び方

ルアーの特徴と選び方

タチウオのルアー釣りでは、その時の釣り場の海水の状況やターゲットであるタチウオの状態にマッチしたルアーで誘って喰わせます。ルアーにはそれぞれ個性(特徴)があり、飛距離やレンジ、アクションなどに違いがあります。

いろいろな特徴をもつルアーを釣り方やタチウオの活性状況などに応じて適正に使い分けることで釣果は大きく変わってきます。そうしたことから、まずはそれぞれのルアーの特徴を知っておくことが大事です。

飛距離について
ルアー釣りにおいて、基本的に飛距離が出るルアーは有利です。その理由は、ポイントに届かないルアーではそもそもターゲットを釣ることは出来ないからです。

メタルジグなどロングキャストで使用するルアーはウエイトが重く、サイズ(体積)が小さいものほど空気抵抗が少ないので飛距離が伸びるようになっています。その反面、着水してからの沈みも速いため水面表層を探ったりするのには向いていません。

レンジについて
ルアーには、それぞれ最適な泳層(潜行レンジ)があります。当然ながら、タチウオのいるレンジが特定できたら、そのレンジを引けるルアーを使用する必要があります。例えば、軽量のルアーでは深場を重いルアーでは浅場を探ることはできないので、レンジに対応したルアーを使用するようにしましょう。

ちなみに、主なルアーのレンジの目安は次のとおりです。

・フローティングミノー : 水深1メートルまで
・ソフトベイト : 水深1.5メートルまで
・シンキングミノー : 水深2メートルまで
・バイブレーション : 水深1~2メートルまで
・メタルジグ : 水深2メートル以上

アクションについて
ルアー個体の最も基本的なアクションを大きく分けると「ウォブリング」と「ローリング」があります。ウォブリングとは、ボディを左右に振る動きのことで、ローリングとはボディの中心軸線を軸にしてボディを回転運動させる動きのことをいいます。ちなみに、「タイト~」とつくと動きのピッチが速くて小刻みな動きとなることを意味しています。

一般的に、タチウオの活性が高い場合はウォブリングタイプが有効で、活性が低い場合はローリングタイプが効果的とされています。

サイズについて
ルアーを選ぶときの基準のひとつに「マッチ・ザ・ベイト」という言葉があります。ターゲットがその時に捕食しているエサにルアーの大きさを合わせることを意味します。

例えば、ターゲットであるタチウオの喰いが渋ければルアーのサイズを小さくしたり、活性の高い時はサイズを大きくしてアピールしたりするようにします。

カラーについて
ルアー釣りでは、仮に同タイプのルアーであってもカラー違いを数種類用意するのが当たり前です。その時の水中の明るさやタチウオの活性状況などにより明るい色が好まれたり、逆に地味な色が好まれたりする場合などがあるからです。

例えば、タチウオの活性が高い時はピンクなど派手で目立つカラーを使用し、逆に活性が低い時はブルーなどあまり目立たないカラーを使用する方が好釣果に結びつくこともあります。

△ページトップへ戻る

ルアーの特徴と選び方についてのまとめ

*飛距離についてはルアーのウエイト(重さ)だけでなく、ロッドとの相性も大事です。基本的にロッドにはそれぞれ扱えるウエイトが決まっているので、そういったことも考慮しておきましょう。

*アクションにおいては、一般的にウォブリングの方がアピール力が強く、ローリングの方が弱いとされています。前者は活性が高い時、後者は低い時のセオリーです。

*ルアーのカラー選びでは、タチウオにアピールするために目立つ色を選んだ方が良い場合と逆に警戒心を抱かせない地味な色を選んだ方がいい場合があります。前者は活性が高い時、後者は低い時のセオリーです。

関連ページ

* ロッドの特徴と選び方

* スピニングリールの特徴と選び方

* ラインの特徴と選び方