タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > タチウオジギングに必要な道具 > ラインの特徴と選び方

ラインの特徴と選び方

ラインには、素材別に「ナイロン」「フロロカーボン」「PE」の3種類があります。ナイロンラインとクロロカーボンラインを単繊維を示す『モノフィラメント』、PEラインを撚り糸を示す『ブレイデッドライン』と呼ぶこともあります。

ナイロンラインについて
ナイロンラインはルアー釣りに限らず釣り用の糸として、3種類の中で最も長い歴史があります。そうしたことから、釣り糸としての「使いやすさ」もしっかりと対応出来ているためリールへの馴染みも良く、ライントラブルも少ないので初心者や小型ルアーを使用する釣りなどに適しています。

フロロカーボンラインについて
フロロカーボンラインはナイロンラインに比べて耐磨耗性に優れており、伸びも少なく感度が良い特徴があります。その反面、硬くコシが強いので8lb(ポンドテスト)を超えるものはリールのスプールへの馴染みがあまり良くないのでスピニングリールのメインラインの使用には向いていません。耐磨耗性に優れ、水中でターゲットから見えにくい特性などからメインラインとルアーの間の「ショックリーダー」としての使用にも適しています。

PEラインについて
PEラインは細くて強く、飛距離を稼げて感度が良いなどの特徴から現在のタチウオのルアー釣りにおける主流のラインとなっています。しかしながら、コシが弱く常にラインにテンションをかけた状態で巻き取らなければリールのスプール上で緩んでライントラブルの原因ともなりやすいので、しっかりとしたキャスティングやりーリングの技術も必要となります。そういった意味では、中~上級者向けのラインかもしれません。また、他のラインと比べて値段は少し高いものの劣化がかなり遅いためしっかりと手入れをすれば長持ちするといったメリットもあります。

△ページトップへ戻る

ラインの特徴と選び方についてのまとめ

*タックルの中でラインが消耗品のひとつであるという認識は低い傾向にあります。ラインは障害物との擦れやヒットした魚の歯やヒレなどで、想像以上に劣化していることが多いのでマメに交換するようにしましょう!

*PEラインを使用する際には、PEラインでも絡みにくい小口径で他点型のKガイドなどが採用されているロッドを選ぶことでライントラブルを未然に防ぐことができます。

*ラインの適正イト巻き量は、リールのスプールの上限から2~3ミリ余したくらいが目安です。スプールの溝が深い場合は、使用するラインの太さと同等な使用済みラインを下巻きしてから巻きましょう。逆に浅溝の場合はそのままメインラインを巻きます。ラインは巻き過ぎても少な過ぎてもトラブルの元となります。

関連ページ

* ロッドの特徴と選び方

* スピニングリールの特徴と選び方

* ルアーの特徴と選び方