タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 釣り方について > タチウオジギングに必要な道具

タチウオジギングに必要な道具

タチウオジギングには、「ロッド(竿)」や「リール」「ライン」「リーダー」「メタルジグ(ルアー)」など必要な道具があります。当ページでは、タチウオジギングをするにあたり必要となる道具をご紹介します。

ちなみに、『タチウオジギング』とはルアーの一種である「メタルジグ」を使用した、タチウオ釣りのこといいます。最近では、ルアーの種類に拘らず「タチウオのルアー釣り」の総称を指す場合も多いようです。

ロッド

ロッド(竿)

ジギング用に特化したタチウオ専用ロッドもありますが、初心者の間は各メーカーから発売されている「シーバス用」、「エギング用」などでもOKです。また、それぞれロッドには適性な「ライン」や「ルアー」「アクション」などが決められているので、それに合ったものを使用しましょう。

* ロッドの特徴と選び方


リール

リール

多機能で高価な物も多数ありますが、ジギング用のものを選びましょう。基本的には、扱いやすいスピニングリールやベイトリールがおすすめです。シャクったりする際、疲れないよう軽いものを選ぶ方が良いでしょう。

* スピニングリールの特徴と選び方


ライン

ライン

適度な張りと強度に優れている、現在ルアー釣りで主流の「PEライン」がおすすめです。太さは0.6~1.0号くらいが目安です。距離や深さを分かりやすくするため、10メートルごとに色を変えているラインもあります。

* ラインの特徴と選び方


リーダー

リーダー

リーダーとは、ラインとルアーの間に位置するもので、衝撃を吸収したり、歯の鋭いタチウオに噛まれてラインブレイクを防ぐために使用するものです。ワイヤーでできたものもあります。ルアーのロストを防ぐためにも、絶対必要なものです。


ルアー

ルアー

タチウオ釣りのルアーには、「メタルジグ」「ワーム」「ミノー」「バイブレーション」など多数の種類が存在します。それぞれを、釣法やタチウオの活性状況などに応じて使い分けることが釣果へとつながります。

* ルアーの特徴と選び方


グリップ

フィッシュホルダー

釣り上げたタチウオを掴む道具。歯が鋭く、直接素手で掴めないタチウオには必須のアイテムです。また、タチウオからフックを外す為に使用する、フィッシングプライヤーなども携帯しておきましょう。


△ページトップへ戻る

必要な道具についてのまとめ

*ロッドやリールなどのタックルは、タチウオ釣りをある程度経験し慣れてから、自分のスタイルに合った専用タックルにステップアップしていった方が良いでしょう!最終的には、個性の違うタックルを複数用意しておいた方が便利です。

*ルアーには、「これ一つでOK」といったものは存在しません。いろいろな種類のものを用意して、その時々の状況に応じて使い分け出来るように経験を積むことが大事です。

*タチウオの歯はとても鋭いので、釣り上げてから取り込む際には噛まれないよう細心の注意が必要です。ルアーの取り外しは素手ではなく、フィッシュグリップやフィッシングプライヤーなどを必ず使用しましょう!また、ラインを噛み切られてルアーのロストを防ぐ為にも、ラインとルアーの間には「リーダー」を使用しましょう!