タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 釣り方について > タチウオの釣り方(ショア編)

タチウオの釣り方(ショア編)

近年、ショア(沿岸部)からのタチウオのルアー釣りが大人気です。(ショアゲームなどとも言います)ルアー釣りならではの「戦略性」や「ゲーム性」の高いフィッシングが人気の理由のようです。現在は特に、ルアーの中でもメタルジグで釣る『タチウオジギング』や、ワインドで釣る『ワインド(釣法)』などが人気です。

ショアからのタチウオジギングでは、時間帯や活性状況などに応じたルアーの使い分けなど、いろいろなテクニックが必要です。

このページでは、ショアゲームにおけるタチウオの行動や、時間帯別の釣り方についてご紹介したいと思います。

タチウオの生態・習性

まずは、タチウオの一日の行動を理解しよう
タチウオは日中は沖の深場に潜んでおり、日が暮れると接岸してきて浅場に浮上してきます。夕まずめ頃に接岸してきたタチウオは活性が高く、浅場まで浮上してきます。暗くなると一旦その場(接岸部)で深場に潜りますが、朝まずめが近づくと再び活性が高くなり、浅場まで浮上してきます。そして、日が昇るとまた沖の深場へと戻っていきます。

『日中』はメタルジグで深場を狙う
タチウオは、日中は沖の深場に潜んでいるので遠投が可能なメタルジグで狙います。ルアーアクションのイメージとしては、いったんボトムまで沈めたメタルジグをシャクりながらミドルまで引き上げ、そこからまたフリーフォールさせてまたボトムまで沈めます。アクションはゆっくり行うのがコツです。(タチウオはあまり速く泳ぐことができないため)

『朝・夕まずめ』はワインド・ミノーでシャローを狙う
タチウオは、暗くなると接岸してきて朝・夕の「まずめ」にもっとも活性が上がり、シャロー(浅場)にエサを食べるために上がってきます。そこを「ワインド」や「ミノー」などで狙います。この時間帯のタチウオは活性が高く、食い気が上がります。あまり時間は長くありませんが、この時間帯が一番タチウオが釣りやすい時間帯です。

『夜間』はバイブレーションで下がったレンジを狙う
タチウオは、暗くなり夜になると沖には戻りませんが、一旦その場(接岸部付近)で深場に潜ります。そういった時は、バイブレーションでレンジを探ります。この時間帯のタチウオは活性が低く、バイブレーションにはアクションをつける必要もないので、ルアーをキャストしてリールをただ巻くだけにしましょう。

タチウオジギングにおすすめのタックル

YAMAGA Blanks SeaWalk Sabeling SWS-63ML

YAMAGA Blanks SeaWalk Sabeling SWS-63ML

¥25,272(税込)

SWS-63MLはジグの動きに反応が良い際にテンポよくシャクり、手返し良く食わせ続け、素早くランディングに持ち込むことが得意なモデルです。操作性重視の設定で、感度も高く、フォーリングでのアタリの取りやすさも抜群です。潮を感じつつ、刻々と変わるタチウオのレンジと活性に瞬時に対応できる、繊細&攻撃的な1本です。


*
メジャークラフト エヌピージャック JIGGING category NJB-57/4

メジャークラフト エヌピージャック JIGGING category NJB-57/4

¥20,655(税込)

近海ベイトジギングの王道的存在のロッド。ティっプのブレを抑えながら、使用感を軽くしたオリジナルテーパー設計により、ジャークにテンポと強弱をつけやすくしました。また、ややショートめのレングス設定により、よりテクニカルな使用感に加え、掛かってからのバットパワーには安心があるので、ファイティングにもゆとりができます。


*
DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H

DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H

¥48,816(税込)

PE1.2号200mのラインキャパを備えたモデル。6.3のギヤー比で、ハンドル1回転67cmの巻取り長さは、タイラバ、タチウオ、シーバス、根魚狙いのジギングなど、幅広いゲームに対応する。シリーズ中、最もローギヤのこのモデルは、深場を探るタチウオジギングで、重いジグの装着時でもストレスなく操作が可能。


△ページトップへ戻る

タチウオの釣り方(ショア編)のまとめ

*タチウオは時間帯などにより、レンジ(活動する深さ)が変化するので、状況に応じたルアーの使い分けなどが必要となります。ショア(沿岸部)での釣りでは、「日中はメタルジグ」、「朝・夕まずめはワインド・ミノー」、「夜間はバイブレーション」などがセオリーです。

*港など夜間に常夜灯が設置されている、明るい場所はタチウオ釣りの有力ポイントになります。その理由は、光を好むプランクトンが常夜灯に集まり、次にそのプランクトンを食べる小魚が集まり、最終的にその小魚を食べるタチウオが集まるからです。その習性を利用して「水中集魚灯」や「投光器」などを利用して、タチウオを集めながら釣る方法もあります。

*ショアでの釣りでは、タチウオの活性が高い「夕まずめ」や「朝まずめ」が最も釣りやすい時間帯といえます。また、秋頃の時期がタチウオのハイシーズン(最盛期)となるので、さらに釣りやすくなります!