タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 釣り方について > タチウオの釣り方(オフショア編)

タチウオの釣り方(オフショア編)

近年、オフショア(船釣り)のタチウオジギングの人気が高まってきています。(オフショアゲームなどとも言います)以前オフショアでは、「テンヤ釣り」や「ウキ釣り」などの『エサ釣り』が主流でしたが、最近ではジギングも人気となりました。

オフショアゲームでは、ショアゲームとはタチウオの釣り方が大きく異なります。いろいろ異なる点がありますが、一番の違いは「釣りやすさ」です。その理由は、あらかじめタチウオが存在するポイント上で釣るからです。

このページでは、オフショアゲームにおけるタチウオの釣り方についてご紹介したいと思います。

オフショアジギング

基本的には、バーチカルジギング
オフショアゲームでは、船の真下でルアーをアクションさせるバーチカルジギング(真下に糸を垂らす釣り方)が主流となります。あらかじめ、タチウオがいるポイント上で釣るので、ポイントを探したりルアーをキャストする必要がありません。また、時間帯は多くの場合「日中の半日(=船の利用時間)」です。

ヒットレンジは上下5mが目安
通常、オフショアゲームでは魚群探知機などのデータを基に、タナ(タチウオの群れの居る深さ)の指示を受けます。タナの上下約5m位までをカバーするように、ルアーのアクションで誘いをかけましょう。

ラインには常にテンションをかけておく
ラインは、潮の流れの影響で弛みやすくなっているので、誘いの際にも常にテンション(張った状態にしておく)をかけておきましょう。そうすることで、アタリがわかりやすくなります。また、タチウオがヒットしたら、アワセは大きくいれて、巻き上げはテンションが下がらないよう一定の速度で行いましょう。

ベイトタックルがおすすめ
タチウオジギングでは、ベイトリールがおすすめです。メタルジグの着底がわかりやすいからです。ロッドは感度の良いしなやかなものを使用することで、アタリがわかりやすくなります。また、ラインは長さごとに色分けされているものを使用することで、レンジがわかりやすくなります。

船内のルールを必ず守る
オフショアゲームでは、多くの場合「遊漁船」などの乗り合いの船を利用します。その際は、船長の指示や推奨される仕掛けなどを守るようにしましょう。ルール違反は船内のトラブルのもとです。また、他の利用者とも協力し合い、お互いが気持ちよく過ごせるようにしましょう。

タチウオジギングにおすすめのタックル

YAMAGA Blanks SeaWalk Sabeling SWS-63ML

YAMAGA Blanks SeaWalk Sabeling SWS-63ML

¥25,272(税込)

SWS-63MLはジグの動きに反応が良い際にテンポよくシャクり、手返し良く食わせ続け、素早くランディングに持ち込むことが得意なモデルです。操作性重視の設定で、感度も高く、フォーリングでのアタリの取りやすさも抜群です。潮を感じつつ、刻々と変わるタチウオのレンジと活性に瞬時に対応できる、繊細&攻撃的な1本です。


*
メジャークラフト エヌピージャック JIGGING category NJB-57/4

メジャークラフト エヌピージャック JIGGING category NJB-57/4

¥20,655(税込)

近海ベイトジギングの王道的存在のロッド。ティっプのブレを抑えながら、使用感を軽くしたオリジナルテーパー設計により、ジャークにテンポと強弱をつけやすくしました。また、ややショートめのレングス設定により、よりテクニカルな使用感に加え、掛かってからのバットパワーには安心があるので、ファイティングにもゆとりができます。


*
DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H

DAIWA RYOGA BAY JIGGING C1012PE-H

¥48,816(税込)

PE1.2号200mのラインキャパを備えたモデル。6.3のギヤー比で、ハンドル1回転67cmの巻取り長さは、タイラバ、タチウオ、シーバス、根魚狙いのジギングなど、幅広いゲームに対応する。シリーズ中、最もローギヤのこのモデルは、深場を探るタチウオジギングで、重いジグの装着時でもストレスなく操作が可能。


△ページトップへ戻る

タチウオの釣り方(オフショア編)のまとめ

*遊漁船では、船長からの「タナ」や「ウエイト」などの指示などは必ず守るようにしましょう!オマツリ(他の人の仕掛けと絡むこと)などの原因になります。

*遊漁船では、多くの場合タックル(釣り道具)のレンタルサービスも行っているので、ビギナーは利用してみるのも良いでしょう!あらかじめ必要なラインシステムなどが組まれているので勉強にもなります。

*困ったことや、分からないことがあれば船長や乗船者に相談してみましょう。気軽に相談できる相手が近くにいるのも、オフショアゲームのメリットです。