タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 釣り方について > ルアーの種類と特徴

ルアーの種類と特徴

このページでは、タチウオジギングで使用するルアーの種類や特徴について、ご紹介したいと思います。タチウオのルアー釣りでは、メタルジグ以外にもいろいろなものを時間帯やレンジなど、釣り場の状況に合わせて使い分ける必要があります。

メタルジグ

メタルジグ

メインとなるルアーで、遠投力に優れて沈みも速いので、深場狙いに使用します。いったんボトムまで沈めて、シャクりながらミドルまで引き上げ、そこからフリーフォールさせてまたボトムまで沈めるといったアクションを繰り返しながらタチウオを狙います。


バイブレーション

バイブレーション

その名のとおりブルブルと震えたり、フラッシング効果などアクションを生みます。特に難しいテクニックを必要せず、使い勝手の良いルアーです。また、遠投力にも優れレンジも広く探れるので汎用性が高いのが特徴です。


ミノー

ミノー

レンジのキープ力とフッキング性能が高いのが特徴。朝・夕まずめに、活性が高くなりシャローに浮いてきたタチウオを狙うのに適しています。


ワインド

ジグヘッド&ワーム(ワインド)

ワインドとは、ジグヘッドとワーム、フックの組み合わせたもの。ダートアクションでタチウオの食い気を誘発します。ルアーのセッティングやアクションなど、ある程度の慣れが必要です。


△ページトップへ戻る

ルアーの種類と特徴についてのまとめ

*タチウオは日中は沖の深場にいるので、飛距離が出て沈みの速い「メタルジグ」を使用。夜などレンジを探る際には「バイブレーション」、朝・夕まずめに高活性時にシャローに浮いてきたら、「ワインド」や「ミノー」を使用するのがセオリーとなります。

*「メタルジグ」はあまりシャクらずゆっくりと動かし、「ジグヘッド&ワーム」は鋭くダートさせるのがルアーアクションの基本。「バイブレーション」「ミノー」はシャクらずに一定のスピードで動かすことが基本です。

*ルアー釣りでは、ただ投げてリールを巻くだけでは意味がありません。ルアーごとのレンジやアクションなど理解して使用することが大事です。また、ルアーには「これ一つでOK」といったものは存在しません。いろいろな種類のものを用意して、その時々の状況に応じて使い分け出来るように経験を積むことが大事です。