タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 全国の釣り場情報 > 関西エリアの釣り場

関西エリアの釣り場

関西のタチウオは、太平洋側の紀伊水道方面、四国側の明石海峡などからやってきて、いったん大阪湾の奥を目指すといわれています。そして、年末を過ぎるころ西や南の湾外に出て行くといわれています。

今現在、関西エリアはタチウオ釣りが全国一ともいわれるほど人気が高く、大阪南部~和歌山、大阪湾奥部、神戸~明石、淡路島など釣り場も多数存在します。

そんな関西エリアで、タチウオ釣りに関して実績のあるポイントに、紀伊半島沿岸部や阪神間沿岸部などがあります。このエリアは数もたくさん釣れ、特に人気の高いエリアです。

タチウオ釣りのシーズン
大阪湾のタチウオのシーズンは6月~8月頃までと、一旦間をおいて9月~12月頃です。10~11月に最盛期を迎えます。

おすすめの釣り場
大阪府貝塚市に位置する「貝塚人工島」は、広大な埋立地で足場もよく、ビギナーでも竿出ししやすい釣り場です。その中でも特に人気が高いのが、テトラのない南西角の周辺です。この場所は「プール」と呼ばれており、足場もよく、タチウオも多いので釣り人が多く集まります。

阪神エリアでも屈指の人気スポット「武庫川一文字防波堤」です。通称は「武庫一」。武庫一には、沖堤防ならではのメリットが多くあります。主なものに、地続き(沿岸)の釣り場に比べて魚影が濃い、魚がスレてない、釣座が混まない、渡船のサポートが得られるなどです。

釣り場の傾向と対策
貝塚人工島では、初夏と秋の2シーズンタチウオ釣りが楽しめます。初夏(6~7月頃)は、指2本半ほどの小型が中心ですが、数釣りが期待できます。最盛期の10~11月は指3本や4本といったものも釣れます。基本的に、釣り方はルアーでの遠投が条件。

武庫川一文字防波堤では、地続き(沿岸部)に比べて大きなサイズ・数が期待できます。また、有利な立地を活かし、潮通しの良い外海や魚が溜まりやすい内側など、多彩なポイントを狙うことができます。そして一番のメリットともいえるのが、連日釣果を目の当たりにしている渡船のスタッフから、具体的なヒットパターンなどの情報をもらえる点です。また、約8割のアングラーがワインド釣法などのルアー釣りをしています。

△ページトップへ戻る

関西エリアのタチウオ釣り場情報

姫路~明石エリア
神戸~尼崎エリア
大阪エリア
淡路島~徳島エリア
和歌山エリア