タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 全国の釣り場情報 > 関西エリア > 姫路~明石エリア

姫路~明石エリアの釣り場

中島埠頭赤灯波止
中島埠頭赤灯波止は、市川と夢前川の両河口の間に位置する長さ約400メートルの堤防。例年、梅雨明け頃に接岸してくるカタクチイワシを追ってタチウオもやって来る。堤防の沖側と先端の赤灯周辺がポイント。

高砂港
高砂港は兵庫県加古川右岸河口にある向島公園に隣接。先端付近の白灯台堤はタチウオ釣りの人気スポット。特にテトラポットが入ってない沖向きは潮の筋が明確に表れて好ポイントとなっている。ハイシーズンは混雑が予想される。堤防手前に駐車スペースあり。

加古川尻防波堤
兵庫県加古川河口左岸から延びる加古川尻防波堤。岸側の堤防は「加古川尻防波堤」、沖堤防は「加古川尻一文字」と呼ばれる。全体的に深く、地形が入り組んでいるので日中でも釣果が得やすくタチウオの数釣りにも向く釣り場。加古川尻一文字へは、尾上港から出ている渡船で渡る。

別府港
別府港は緑地公園として整備されて、海岸沿いが遊歩道になって波打ち際まで容易に降りられるようになっている。立地的にも奥まっており、潮の流れも緩く釣りやすいのでビギナーやファミリーにもおすすめの釣り場。全域がポイントになっており、港湾内の赤灯台や沖側先端の白灯台周辺が特におすすめ。別府みなと緑地に無料駐車場あり。

本荘ケーソン
本荘ケーソンは、神戸製鋼所埋立地の南東角から延びる約1キロメートルほどの堤防。本荘漁港から渡船を利用して渡る。このエリアでは、特に人気・実績ともに高い釣り場。堤防の沖側は、先端から約30メートルほど手前の曲がり角にかけて水深が深くなっており、タチウオの回遊ルートとなっている。特に先端周りは潮が複雑に流れるのでベイトが溜まりやすく、格好のエサ場を形成しているので頻繁に群れで回遊してくる。とにかく堤防の先端近くに釣り座を構えることが大事。最終の渡船で釣り場へ渡って、翌朝の一番船で戻ってくるのがおすすめ。

本荘人工島赤灯波止
本荘人工島の西角にある赤灯波止は、トイレや駐車場などの設備が整う人気の釣り場。早ければお盆過ぎからタチウオの回遊が見られ、大きな群れが回遊してくると入れ食い状態になる。ポイントは、防波堤の沖向き全体と先端の赤灯周辺の内外。

明石新波止
明石川河口の東に位置する潮通し抜群の堤防。テトラポット帯から先端にかけての沖側がポイント。潮の流れが速い釣り場なので、潮の緩むチャンスタイムを逃さないことが大事。

※掲載した釣り場の状況、駐車場所、立入禁止区域などの規定は随時変更されることがあるのでご注意ください。変更されていた場合は必ず現場の規定に従ってください。また、違法駐車や持ち込んだゴミなどの放棄は、他の利用者や近隣住民、漁業関係者の迷惑となるので絶対にやめましょう!

△ページトップへ戻る

関西のタチウオ釣り場情報

姫路~明石エリア
神戸~尼崎エリア
大阪エリア
淡路島~徳島エリア
和歌山エリア