タチウオのルアー釣り
タチウオジギング超入門TOP > 全国の釣り場情報 > 中国エリアの釣り場

中国エリアの釣り場

大小さまざまな島が浮かぶ瀬戸内海は、タチウオが広く回遊・生息する海域で、沖に出ればほぼ1年中タチウオ釣りを楽しむことができます。ただし、エリアも広大で空白地帯も存在するので、時期と場所を選ばなければタチウオを釣ることはできません。

中国エリアでのタチウオ釣りに関して実績のあるポイントに、広島県呉市の『阿賀マリノ』などがあります。呉市周辺では、タチウオ釣りが特に盛んです。

タチウオ釣りのシーズン
呉周辺のタチウオのシーズンは2回。5月~7月頃までと9月~12月頃になります。最盛期は10~11月で、船で沖に出ればほぼ1年中釣れます。

サイズについては、初夏は指3~3本半の小型が中心。ピーク時は指3~5本が中心。

釣り場情報
広島県呉市の「阿賀マリノ」。阿賀マリノポリス地区にある長さ約600メートルの防波堤。水深が深いので、それほど遠投の必要がない。他にも下蒲刈島の大地蔵港などが有名。

釣り場の傾向と対策
阿賀マリノの場合、防波堤の外側は河口に当たり流れが速いので、内側にキャストする人が多い。足場もよく、足元から水深が深いのでそれほど遠投の必要がない。

ルアーは、特に遠投の必要もないのでミノーやバイブレーション、メタルジグ、ワインドなど好みに応じて。

△ページトップへ戻る

釣り場へのアクセス

阿賀マリノ
呉市内から国道185号線を東に向かい、休山トンネル東口交差点から右折して県道66号線を南下。